ナイアガラでおすすめの安宿3選!

ナイアガラの滝観光の際使える、コスパの良い安宿を3軒、おすすめ順にご紹介します。

ホステリング インターナショナル ナイアガラフォールズ

ナイアガラで、私が2軒目に泊まった宿ですが、一番気に入りました。
カナダ側ナイアガラフォールズ唯一のドミトリー付宿で、ユースホステルなので、男性用ドミトリーと女性用ドミトリーにきっちり分かれています。

おすすめポイント①→コスパが良い
朝食付きで、一泊3千円弱位で、ナイアガラでは激安といえるでしょう。
私は、はじめ Booking.com で予約しましたが、ユースホステルのサイトで直接予約するのが一番安いそうです。

おすすめポイント②→きれいで清潔、おしゃれ、設備が整っている
水回りも新しく、とてもきれいに掃除してくださってました。
ダイニングスペースも、おしゃれな木のテーブルセットが3、40人も座れそうな位あり、キッチンスペースも2個あり、4、5人同時に使えるような広さで、きれいで、充分すぎる設備。
大きな冷蔵庫あり。
くつろぎのスペースも、おしゃれな調度品で、ずっといたくなるような、居心地の良さ。

また、地下にさらに別の共有スペースがあって、くつろげるソファーやクッション、テレビやゲーム類等があり、おしゃれで素敵な空間でした。

おすすめポイント③→サクサクwifi
お庭に、テーブルセットがあり、wifiが届くので、チェックアウトした後も使える。
使っていても、咎めない、スタッフさんの優しさ。

おすすめポイント④→立地が良い
カナダ側ナイアガラ・フォールズ駅やバスターミナルから徒歩5分
カナダからナイアガラへアクセスする場合のドミトリー付宿としては、ここ一択なので、早めに予約することをおすすめします。
滝までは、片道徒歩20~25分位

おすすめポイント⑤→朝食が美味しい
朝食がバイキングで、食パン、マーガリン、ジャム、 シリアル、 果物、ジュースやコーヒー、牛乳等、好きなだけ食べてもよく、足りなくなったらスタッフさんが補充してくださいました。

おすすめポイント⑥→スタッフさんがとても親切

唯一のデメリット→4連泊までしかできない

ワンダーフォールズ ゲストハウス&ホステル

上記のユースホステルが満室だったため、ナイアガラで初めて泊まった宿です。
駅から近いと書かれていますが、アメリカ側の駅からという意味で、カナダ側ナイアガラ・フォールズ駅からは非常に遠く、カナダからナイアガラへアクセスする場合は避けた方が良い宿です。
アメリカからアクセスする場合にのみおすすめします。

おすすめポイント①→コスパが良い
朝食付きで、一泊3千円弱位で、ナイアガラでは激安といえるでしょう。

おすすめポイント②→朝食がものすごく美味しい
パンケーキの朝食がものすごく美味しかったです。
Booking.com のサイトで見た口コミで、朝食の評判が良く、あのパンケーキを食べるためにあの苦労をして辿り着いたと言っても過言ではない(それが大失敗だった)

おすすめポイント③→ きれいで清潔、かわいらしい室内
毎朝、オーナーさん夫婦がすごいがんばって丁寧にお掃除されてるので、すごく清潔。
キッチンもダイニングもアメリカの古き良き家庭て感じ(カントリーマアムのCMに出てきそう 笑)で、かわいらしくてあたたかい家庭の雰囲気。

リビングの本をふと見ると、オーナーさん夫婦が古い家を自らリノベーションしたらしい。
すごい。

おすすめポイント④→wifiもばっちり

おすすめポイント⑤→ オーナーさん一家がとても親切
夫婦と娘さんの3人でされてて、一家全員優しい。
チェックインの時ものすごく夜遅くなってしまったのに、待ってくれてた娘さんは嫌な顔一つせず迎え入れてくれた。
朝食の時など、親戚の家に遊びに来たかのような錯覚

唯一のデメリット→立地が不便
カナダ側からアクセスするのに、安いからといってアメリカ側の宿を予約した私が間違っていた。
(タクシー代等を考えると余計高くつくので、多少高くてもカナダ側の宿にするべきでした)

アメリカ側の駅というのがどこなのか、未だに不明ですが、レインボーブリッジを渡り切ってから、長い坂道をだいぶ上ったので、アメリカ側からアクセスしたとしても、立地が良いとは言えないでしょう。
滝までもかなり遠い(急いでも40分以上かかる)

あと、外観が普通の家なので、わかりにくい。
夜遅く着いたせいで余計、わかりづらくて、何回も通り過ぎて行ったり来たりして、にぎやかそうな知らない家にお邪魔して「ここはゲストハウスですか?」と尋ねたり(笑)して、30分はロスした。

追記:宿選びで大失敗した話

以下、今後失敗しないための憶え書きみたいなものなので、興味のない方は読み飛ばしてください。

上記の通り、宿代をケチって「ワンダーフォールズ ゲストハウス&ホステル」を予約し、カナダ側ナイアガラ・フォールズ駅に到着(19時位)後、高速バスの案内所で宿の住所を見せて、道を聞きましたが、わからないらしく、レインボーブリッジへの行き方を聞くと、教えてくれて→案内所を出てしばらくまっすぐ行って左折→次の道路で右折→あとは川沿いにまっすぐ坂を下って行くだけということなので、その通り行ったけど、下りだけどめっちゃ遠くて、荷物が重いからもう本当に辛くて、30分位進んでは荷物を降ろして休憩して、という感じでした。

多分1時間半位かかってやっとレインボーブリッジに着き(21時位)、荷物が重いから渡るのにも30分近くかかり、税関で20分位かかり、やっとアメリカ側の公園みたいな所に着いた時はもうくたくたで、これ以上歩けないという状態でした(22時位)。

また、道がわからなくて(やっぱりSIMカードを手に入れておくべきでした)、お店の人何人かに聞いたけど、みんなわからなくて、さまよってると一軒目立つ大きなホテルがあって、フロントで宿の住所と名前を見せて、道を聞くと、親切にパソコンで調べてくれて、地図を打ち出してくれて、その前の道路をまっすぐ上って行ったらいいよ、と教えてくれました。
(今でもあの親切なお姉さん、忘れない)

そしてひたすら坂道を上って、地図のとおりの通りで左折し、本当は手前にあったのに、通り過ぎて迷って30分位ロスして、やっと到着してチェックインして(深夜0時まで待っててくれて本当に涙ながらに感謝)、えらいとこに泊まってしまったーて感じ。

カナダ側ナイアガラ・フォールズ駅の時点でタクシーに乗るという選択もあったのにケチり、そのせいであやうくチェックインできなくて泊まる場所もなく、治安の悪い場所で野宿なんてことにもなりかねなかった、これからは少しの宿代をケチると余計大変なことになると肝に銘じて、少々高くても便利な所にするか、うっかり不便な所だったとしたらタクシー代ケチらない(危険なことになったりしてお金に換えられない)と自分に言い聞かせました。

投稿者: aya

関西で生まれ育ち、鳥取県の大学を卒業後、某地方公共団体に勤め、29歳で退職、四国、北陸各地で農業で働き、北海道では、農業、酪農、スキー場で働き、沖縄離島で調理等で働き、その後、地元でパン製造のバイトをし、退職後、オーストラリア、ニューカレドニア、ヨーロッパ、カナダに約4カ月、初の海外旅行。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です